« 編み物 その2 | トップページ | ブルグミュラー »

2015年1月 9日 (金)

トントンがサックスで合奏に挑戦

今年になって、日本の家族とのスカイプを立て続けにした。

今まで長い事していなかったのに。
昨日は、子供に、ピアノやユーフォニアム、サックスを演奏
させた。そしたら、クリスマス頃から練習をさぼっていた
トントンも、また、サックスを楽しいと思ったようだ。
話は変わって、昨日は、シクランとトントンが毎週通っている
トランポリンの練習が、体育館の都合で、今週はキャンセルとなった。
この時間帯は、トントンのレベルで参加できる、吹奏楽の合奏が
いつも行われている。トントンも、参加したいところだが、
唯一のスポーツであるトランポリンをやめさせたくないので、
合奏参加を見合わせているのが現状。
シクランが、昨日、
「トランポリンの練習がないなら、トントンは合奏に行けるよ。」
と思いついて、教えてくれた。合奏の指揮者は、シクランのユーフォニアム
の先生で、たまたま合奏の時間の1時間前に、シクランは、
レッスンを控えていた。
なので、先生に許可をもらい、一度だけ、トントンを合奏に
参加させてもらう事にした。(パルメも同席させてもらうこともお願いした。)
この日の合奏の参加者は、フルート2名、クラリネット2名、と
トロンボーン1名。トロンボーンの子はトントンも知っている男の子。
それ以外は女の子。メンバーは、この他にももう一人のクラリネットと、
トランペットがもう一人いるらしい。
レベルは低いが、それでいい。その方がいい。
トントンも、迷惑をかけずに、一緒に楽しめるから。
そして、一人で味わえない楽しさを感じることが出来るから。
トントンも、一生懸命に言われるがままに演奏した。
合奏、としては、信じられないレベルの低さだが、トントンは
40分程度のこの時間をとっても楽しんだ。また、参加したい
気持ちが高まった。楽譜のコピーをもらったので、帰宅後にも
すぐに練習してみた。
すごい。トントンがこんなにサックスを楽しんでくれる。
とっても嬉しいが、その代わり、トランポリンを辞めたい気持ちが
高まるトントン。サッカーをしないトントンにとっての、
唯一のトランポリン。
本人は、やりたい事をやりたい。別にスポーツなんてしなくてもいい、
という。トントンは、土方で作り上げた、細いながらにもたくましい
筋肉の張った体をしている。スポーツをしなくても、山登りをさせれば
他の子供に負けていない、大人顔負けのスピードと忍耐力を持っている。
トランポリン、辞めてしまっても、いいのかなぁ。

|

« 編み物 その2 | トップページ | ブルグミュラー »

子供」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/58527986

この記事へのトラックバック一覧です: トントンがサックスで合奏に挑戦:

« 編み物 その2 | トップページ | ブルグミュラー »