« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

屋根につける窓の取り付け業者

朝8時半過ぎに業者が来た。

一人で、カクタ君が助手のような形で作業をする。
お昼ご飯を食べずに、早く済ませて帰る、とのことだったが、
3時になっても終わらないので、慌てて軽食となるパンを用意。
パンをわざわざ買いに走り、チーズとレタスをはさんで、
ソフトドリンクと一緒に持って行ったものの、断られた。
それなら、珈琲は?と聞いても、水で十分という。
40代の小太りな優しそうなタイプの人だが、頑固に仕事をする。
食べないと力入らないだろうけれど、気力があるから
大丈夫なんだって。
ま、その人の勝手だし、一応、お伺いを立てたのだから…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気温は32〜34度だというのに…

月曜日に屋根裏の窓が取り付けられる。業者が来るので、

予約してしまえば、大雨にさえならなければ、決行される。
月曜日の天気予報は、最高で34度。
ちょっと涼しい日が続いたかと思えば、週の半ばから急に
30度を超えたので、まだ、天井裏に断熱材のついていない我が家
(改築中)の3階は蒸し風呂状態。
そこに、月曜日に間に合うように、ということで、土曜日の朝
から断熱材を張ることに家族総出で頑張った。
とはいえ、6歳のルックは、時々様子を見に来るものの、普段は
自分の部屋でレゴなどをしている。8歳のトントンが、屋根裏の
一番上の、つまり一番暑い所で、日中ずぅ〜っっと頑張った。
カクタ君は、ドイツ人だからか、この暑さ、さすがにバテて、
途中で違う仕事に取りかかった。10歳のシクランも、結構頑張った。
トントン程ではないが、途中涼みに行くものの、最後まで付き合った。
パルメも、珍しく、全行程一緒に頑張った。生まれてから今までで、
こんなに汗をかいたことはないかも、と思うくらいの暑さ。
目に汗が下がり、埃まみれになって、咳き込みながら…。
カクタ君は土曜日の仕事の進み具合に満足してくれた。
日曜日は、カトリックのドイツでは、仕事をしない。
でも、近所に聞こえるような音が出なければ、こういう緊急事態には
仕事をする…。
日曜日も、朝の涼しい時に始め、12時まで頑張った。パルメは
14時から、ガイドの仕事が入っていたので、汗と汚れに別れを告げ、
身支度を整え、外に出た。
これまた、暑い。パルメが悪い訳ではない、こんな暑い日に、しかも
一番暑い時間帯に観光をするのは…。
相手は、日本から短期留学のために、土曜日ドイツに到着した大学生。
先生は、これで、3、4年連続になるのかな。
日陰、日陰と移動するものの、本当に暑かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月26日 (水)

ガイドの仕事に対する評価

レーゲンスブルク観光局が仲介して、

私は観光ガイドの仕事をもらう。
今朝、観光局から、顧客からのメールを転送する、とあったので、
何を悪い事しでかしたのだろうと、クレームをもらったつもりで
読んでみると、お褒めの言葉であった。
某日本の大手旅行代理店から、具体的なグループ名を挙げて、
SUPER GREAT A の評価を頂いた。
そして、今後、日本語ガイドを必要とする際には、パルメを優先的に
割り当ててほしいと、記載されており、更に、既に決定している
ツアーのガイドがパルメであることに、感謝の言葉が述べられていた。
(このメールは英語表記なので、そういう内容になったのだと思うけど)
やったー、万歳。
良い評価を頂き、思わず顔がほころぶパルメでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルックのぬいぐるみ

末っ子ルックの大事なぬいぐるみは、ブランドもののゾウさん(クリスマスにサンタさんからもらったもの)と、薬局でもらった企業の宣伝活動の一部となる白くまでした。

先日、オーストリアで1週間を過ごした帰り道、立ち寄ったお店で、一瞬ぬいぐるみのような筆箱(犬の形で、お腹にファスナーがついている)ものを見つけました。
きっと、こういうの好きだろうな、と思って、ルックに見せたらほしがったので、購入したのですが、その日の夜から、大事なぬいぐるみの仲間入りをすることになりました。
ゾウは、パオーンと言う名前、
白くまは、ドイツ語でアイスベアというのですが、当時辛うじて発音出来た、アイベーがその名前になりました。
そして、二日目の晩に、その犬の筆箱の名前を訪ねると、ライスフェアシュルス(ドイツ語でファスナー)というんだそうです。
とっさに思いついた名前なのか、それまでに勝手に決めていたのかは不明ですが、
かわいいネーミングに、おもわず母、ニコリ。
寝るときは、小さな体に、両手で3匹のぬいぐるみをぎゅうっと抱きしめる形で寝るルック。
夜中や明け方に、カクタ君とパルメのベッドに寝ぼけ眼のまま移動してくるときも、その3匹をぎゅうっと抱きしめた状態でやってくるルック。
いつまでも、そんなかわいい姿で居てほしい…、いや、大きくなったら、それなりの方がいいよね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月23日 (日)

そう、来年こそは…

今年の夏休みは、オーストリアの南西の端に旅行に行った。6泊で

いつもの山登りの仲間と一緒だった。
来年こそは、日本へ行くぞ。
実家の鳥取県から島根県の隠岐にも行きたいと思って、
ここ数日、ネットで色々調べ始めた。
カクタ君が、地質関係を勉強した人なので、非常に興味がある
ようだから、きっとゆっくりじっくりみたいのだと思う。
おいしい料理を食べて、日本を楽しんで…、とはいえ、
旅行するとなると、いつもの実家への往復以上にたくさん
お金がかかる。
一方で、子供が大きくなってきたから、もっと日本の色々なところを
見せてあげたい。一度には欲張れないが、日本に帰省するたびに
どこか旅行に行って、子供達に日本を見せてあげたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バターがまた安くなった

…といっても、ドイツの話。

250gのバターが値下がった。1.09ユーロだったのが0.99ユーロ
になって、0.89ユーロになって喜んで3個買ったばかりなのに、
また0.79まで下がった。これは、ドイツ的にもかなり安い。
一番高いのは、ここ13年間で、1.19ユーロだった。
あのときは、買うのも嫌だと思ったものだ。
こんなに安いなら、今のうちに、嫌になるくらいケーキを焼こう!と
思うパルメでした。
一方、日本でのバター品薄はまだ続いているようですね。
ドイツの食料品は、一般に安いし、乳製品も安い。
生クリームだって、200mlが0.49ユーロ。
モッツァレラチーズだって、1つ0.55ユーロ。これなんか
本場のイタリアよりも安い…。
暑い夏で、野菜の値段は今年は高めのようです。
例えばきゅうりは、スーパーで、安いときは、0.39ユーロとか
0.35ユーロなのに、0.79ユーロくらいかな。
そんなときに、我が家の畑で出来た…と思うけど、やっぱり
真夏の暑いときは、収穫も少ないし、畑仕事も怠るから
助けにならない…。
でも、今年は、まともな畑仕事1年生のパルメ。
良い勉強をしたみたい。
来年の夏は、もう少しうまく出来るかな、と思いきや、
ああ、その頃は、日本に帰りたいんだった…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »