ピアノ

2015年11月14日 (土)

ソナタ

昨日夕方、ピアノのレッスンに行ったシクラン。

モーツアルトのソナタを宿題として与えられた。
全音のソナタ・アルバムの6番目のモーツアルトの曲だ。
ソナタ・アルバムは、ソナチネが終わってからだから、
10歳のシクランには、早すぎる、といえば早すぎる選曲。
パルメがその本を手にしたのは、14歳で、それが多分普通。
シクランが得意なテンポの良い曲だ。
昨日ちょっと弾いたのに続き、今日も練習をした。
1楽章、2楽章、そしてもう一度1楽章と流して40分位でも
弾いただろうか。
勿論、間違えながら、つっかえながらだが、昨日の今日とは
思えない。絡まるような16分音符も、転がらずに上手に
弾ける。装飾音符やトリルも上手に入っている。10歳で、しかも
これだけの練習量で、ここまで弾けるなんて、我が子ながら
関心した。
なんせ、ピアノの先生として、それでも何人もの子供を見てきている
から、パルメとしては、本当にびっくり。
本人もこれだけ弾ければ楽しいだろうし、だからこそ、自らピアノに
向かって頑張って練習しているのだろう。すぐ近所に、いい先生がいて、
シクランの得意そうな曲を選曲してくれている気がする。
これからも、どんどん才能を発揮していって欲しい。将来が楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

ピアノの生徒リーノス

ドイツでは、7歳くらいからピアノを始める。

その障害はとっても大きく、絶対音感ゼロなので、後々信じられないような
困難にぶつかる。その解決策も、パルメには分からない。
ポーランド人の母を持つ、リーノス、5歳が、我が家に9月から
レッスンに来ているが、本人の希望でピアノを始めたわけではなく、
母親の希望によるもの。家族の誰もが音楽の「お」の字も知らない。
ピアノも、ない状態で始めた。
リーノスは、最初は少し人見知りだったが、もともとちゃんと話せる性格
の子供だったので、おふざけ先生のパルメとは、うまくやれると思った。
ただ、集中力がないので、難しい。本人のピアノがやりたい、という気持ち
がないので、難しい。
母親は仕事をしながら、時間のストレスに追われながら、毎週子供を
我が家に連れて来て、すぐ上手になるようなつもりで期待しているから
とても気の毒。
子供にセンスがあるかないか、これによるものが非常に大きく、
それだけでなく、もう少し時間がたてば、家で練習するかしないかが
また大きく左右する。
ドイツの子供は、日本のようにしっかりしつけられてなく、かなり
放任主義、または、母親が、練習に対して重きをおいておらず、
週に2回もピアノに向かえばいい方、というのがつらい。
このリーノスの場合は、今まで以上にてこづりそう。
母親の期待に答えられるよう、少しでも毎回前進させねばならない。
そして、このクリスマスに、一番簡単なクリスマスソングを
無理矢理にでもひかせなければ、と思いつつ、かなりの絶望的な状態が
目の前をちらつく…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月25日 (日)

シクラン、コンテストで満点獲得

ドイツ各地で一斉にこの週末に行われた音楽のコンサートで、

シクランが満点の25ポイント獲得した。
地区大会のあと、州大会、全国大会と勝ち抜くものだが、
シクランは、リコーダーの部に参加した、近所のマリーの伴奏者
として、ピアノを弾いた。
というのも、今年はピアノのソロの部門がなかったから。
この、マリーは、1歳半年上の子で、リコーダーといえど、
馬鹿に出来ない楽器であることを、今回パルメも見せつけられた
のだが、マリーも、満点の25ポイント獲得、伴奏者のシクランも
満点の25ポイントを獲得、ということで、とてもいい結果となった。
審査員のコメントでは、真っ先に、シクランのことを言われた。
何気なくグランドピアノに向かったかと思えば、弾き始めたら
1分間、審査することも忘れて、シクランに見入っていた、と
審査員長。ドイツ人としては、非常に小柄なシクランは、あと10日程
遅く生まれていたら、年齢別のカテゴリーのもう一つ下、ということもあり、
え、一体何年ピアノしているの?今、何歳なの?との質問も審査員から
あった。
パルメとしても、我が子が平然と、緊張もせず、上手に難しい曲をこなし、
しかも、リコーダーのマリーと上手にアイコンタクトをとりながら、
ゆとりある演奏をしたことに、関心すると同時に、誇りに思った。
来年のピアノ・ソロ部門にも是非参加してほしい旨の発言もあったので、
本当にすごかったのだと思う。
何はともかく、シクランにとっても、非常にいい経験であった。
リコーダーのマリーや、その両親、ピアノの先生と、色々いい人にも
巡り会えたし、本当に、すばらしいチャンスを与えられたことに、
感謝、感激。
そして、我が子の奮闘に、脱帽の母、パルメでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金)

ピアノの練習

古い造りの長屋で、騒音問題がある。我が家と猫の隣人の間で。

でも、普通にピアノを弾くのになぜ悪い。
しかも、勿論早朝や、お昼の休憩時間、夜遅くは我慢している。
シクランとトントンがそれぞれ練習した後、祝日の今日は、
パルメもピアノを練習した。出来なくて、出来なくて、何度も
同じフレーズを練習するのは、当たり前のこと。
でも、さすがにカクタ君に怒られた。
合計2時間、ピアノの音を祝日に聞かされる隣人のことを考えろ、と。
せっかくパルメが楽しく練習しているのに。
隣人にとっては嬉しくないことだとは分かるけど、なぜ、じゃあ、
こんな家を建てたんだ。(カクタ君が悪いわけじゃないけど)
そして、長い間ピアノなしで我慢して、引っ越したらピアノを買おう、
ということでやっとピアノを買ってもらったんだから、最初から
ピアノ弾く事は分かっていた。なのに、騒音問題がこんなに大きいなんて。
多分パルメが間違っているのだろう。
ピアノの練習、たくさんしたら、迷惑なんだろう。
だけど、ピアノの練習は悪いことではない。それに、最近は
仕事やら夏休み中の子供の面倒のために、我慢してピアノを
弾いていなかった。久しぶりに弾くんだから、思う存分練習
したいのに。
早く、防音対策を施した家に引っ越したいが、こちらの工事は
ここ3週間くらい全く先に進んでいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

ついに来た

長男トントンは先月末で7才になった。
2才半の時に、ピアノに興味を持ち、少し教えたことがある。
昨年秋だったか、ギターに興味を持ったので、教え、それが意外と
続き、なんと、5つの音を覚え、なんとかかんとか弾ける。(右手は
人差し指のみのレベルだが)

将来はサックスを吹かせたいと思いつつ、本人の興味も行ったり
来たり。最近は、親戚の影響で、エレキギターにも興味を持ったり、
友達の影響でドラムにも興味を持った。
そういえば、幼稚園では、リコーダーのレッスンを受け、途中で
嫌になって投げ出したいところを、なんとか最後まで頑張った。

そして、今日、革命がおこった。
トイレでうんちをしているとき、姉のシクランがギターを弾いている
音を聞きながら、本人が、ピアノを習いたいと思ったらしい。

そして、本気だった。
18時で、実は今から夕食の支度という、不都合な時間だったが、
今日は手抜き料理のため、融通が利く。ここ4年程、いつピアノに
興味を持ってくれるか、待ちに待っていただけに、急遽二人でピアノに
向かうこととなった。

トントンの性格や、今までの経過から、あえて、バカのように易しい
教材を与えた。普通だったら、つまらないからさせないような低レベル
(といっては失礼だが…)の本をすることにした。

ピアノの先生として、何人かの初心者を教えた経験も役立った。
相手が我が子という、性格がよく分かるだけに、思うようにトントンは
パルメの罠にかかった。

些細な事を褒め、それが、実は意外に難しい場所であることを教えたり、
上手上手と褒めちぎりながら、でも、ここだけ注意してやってごらん、と
いう手段でやってみた。
楽譜のレベルが非常に低いので、出来たらどんどん合格し、次に進み
30分以上ほぼ途切れることなく、ピアノを弾き続けた。

トントンが、こんなに集中するのは、穴掘りか土方作業、木工作の時
意外にない、というくらいだった。

嬉しかった。とっても嬉しかった。
でも、明日はどうか分からない。明日もあさっても頑張るつもりで本人はいるが
今日やった最後の練習曲は既に難しく、明日あたりでくじけるかもしれない。

このチャンスを逃したら、もうピアノをするのにほぼ手遅れかもしれないので、
慎重にしなくては。
そう思うパルメは、夜なべをして、次のレッスンの対策を練り、今後数日の
うちに起こりそうな頭の中の情報がこんがらがって困ったときのために
図解で説明出来るように情報を整理した。

ドイツでは、ピアノを習い始めるのは、小学生になってからが主流。3年生や
4年生になってから、というのもあり。それには、一長一短があるが、今回の
トントンの様子を見ると、やっと文字が読めるようになり、やっと物事を学ぶこと
が楽しくなり始めた今、実はとってもいいタイミングのような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

シクランは天才児

親バカですみません。
ピアノは、専門の知識もろくにないパルメから教わるシクラン。

8才にして、友達から影響を受け、猫ふんじゃったを弾けるようになりました。
猫ふんじゃったの楽譜なんて、パルメは見た事がなかったけど、
シクランに、何調?と聞かれて、慌ててネットで楽譜を探すと、
シャープが6個またはフラットが6個の楽譜が出てきます。

なんと、その後、変調して弾いてみようとするじゃないですか。
試行錯誤して、上手に一曲弾きこなしたときには、本当にびっくりしました。
一体どこからそんな才能を授かったのだろう。

一方、先日、ユーフォニアムを吹いたときのこと。
日本人の集いで、「もみじ」(秋の夕日に照る山もみじ〜♪)を
歌おうということになり、シクランにユーフォニアムを吹かせる事が
急遽決まりました。
実は、シクランはこの曲を知らないのに、歌の楽譜を見せられて、
ユーフォニアムで演奏を始めたのです。
何気に聞いていたら、実は速攻で変調しながら、の演奏でした。
あまりにも、当たり前に吹いているから、変調しているなんて、
全く想像もしなかった。
びっくり。パルメには、全く出来ない技です。
(勿論パルメも変調は出来るけど、シクランのようなすごい技量はない…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

連弾でまた新しい曲を弾く事に

かれこれ、1年9か月目になる、連弾。
その相手は、近所に住むおじいさんで、カクタ君の職場(高速道路関連)を
退職した人であり、日曜大工として、家具を作ること、日本食を作って食べる
ことが好きな人。長年一緒に連弾をしていた人がアル中になってしまったのを
きっかけに、私と連弾をすることになったのが始まり。アルベルトという人です。

このアルベルトは、パルメ以外にも連弾をする相手はいるのですが、多分
パルメが一番誠実なパートナーなんだと思います。昔弾いていた思い出の曲を
引っ張りだして来ては、これをやろう、あれをやろうと、誘ってきます。まだ、
一つ目の曲もろくに弾けないのに…というのが度重なり、レパートリーは増える
ものの、どれも、イマイチ(笑)。

でも、このアルベルトのおかげで、パルメは連弾の魅力をたくさんおしえてもらい
また、色々な素敵な曲に出会う事ができます。

バッハ、シューマン、モスコフスキィ、ドボラックなど、色々な曲を弾くのですが、
なんと、この金曜日に、新しい課題曲が出ました(笑)。夏休みの関係で、4週間
振りくらいに一緒に弾いたときの事です。

そして、その曲は、リズムを取るのがとっても難しく、パルメが実際にピアノに
向かう前に、譜読みをしようとして、30分以上手で拍を取りながら歌ってみたり
しました。まず高い方の旋律を見て、その後、自分が担当する低い方の旋律を
見て、それぞれのリズムを確認してみたりして。あまりに難しすぎるリズムだった
のです。

大概の曲は、ある程度初見で弾けるのですが、この曲は、さすがにすぐにピアノに
向かうことが出来ませんでした。
こんなに難しいリズムの曲は、パルメの人生で、一度も出会ったことがない。
リズムが分かれば、弾けるのです。そういう曲は、初めて。でも、低音のパート
だけでも聞かせる、とっても素敵なバッハの曲でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

「エリーゼのために」効果

ピアノの先生のお仕事は、うまくいっている。

パルメのところにずっと通ってくれている、10才のカタリーナは、
エリーゼのためにが弾きたい、といい、少し前にとりかかった。
カタリーナは、毎日ピアノを1時間以上は練習する
というピアノ好きなのだが、エリーゼのためにを課題曲と
した瞬間、他の練習曲などは、とたんに練習しなくなった。
エリーゼのために、ばかり集中してしまうからのようだ。

3月からパルメの所に通い始めた9才のレオ。
彼は、ピアノ経験も2年ちょっと程度、両親とも10年ちょっと
ピアノを習った事があるらしい。
レオは、ピアノの練習が楽しく、頑張っている。
でも、正直あまりセンスはないが、しがみついている感じ。
そんなレベルでは毛頭ないのに、ある日エリーゼのために
が弾きたいと言って来た。
仕方ないので、普通の楽譜の3分の1弱にまとめた、しかも
レベルをかなり落としたバージョン(聞くには、全く同じだけど
楽譜が初級向け)というのを利用して、課題曲とすることに
した。
楽譜を与えたとたん、他の練習曲は目もくれず、
エリーゼのために、ばかりを練習し始めた。
1か月でとりあえず、弾けるようになった。
抱きついて喜ばれた(笑)。

生徒2人が、エリーゼのためにを練習しているので、シクランにも
刺激を与えて弾かせることにした。8才だけれども、ピアノ経験も
もう4年ちょっと、センスもあるし、頑張り屋さんだから
なんとかなると思った。

他の2人がほぼ仕上がる頃にスタートしたが、
シクランも、他の曲には目もくれず、そればかりを練習した。
それどころか、2か月前は、一日せいぜい5分しか練習しなかった
子が、最近は、いい曲をたくさん与えたので、それでも20分以上は
毎日ピアノに向かうようになっていて、いい傾向にあった所、
エリーゼのためにを課題曲としたのだが、
夏休みに入ったというのもあって、空き時間があると、1日のうち
何度もピアノに向かい、ひたすらエリーゼのためにを弾いている。
まだヘタクソだけれども、2週間程度で1曲全部弾けるようになった。

エリーゼのためには、子供達もどこかで聞いて知っている曲
憧れの曲なのだろうか、とにかく魅力にかられ、そればかりに
かじりつかせてしまうらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火)

とっても嬉しかったこと

今日もピアノのレッスンがあった。
3月から新しく増えた生徒の1人レオは、最初に教わった先生がとっても
良い先生で、ピアノが楽しくてたまらなかったと、その母親から事前に
聞いていた。先生が代わり、モチベーションが低下し、その後半年か
1年くらい、ピアノのレッスンから退いていたそうだ。

パルメは、今までのレッスンで、出来ない所を何度も弾かせ、
はい、やり直し、はい、やり直し、もう一回、もう一回と、ちょっと
スパルタ的な所もあったので、本人のやる気をくじくのでは?と
心配する部分もあった。

かといって、音楽的知識も経歴もないパルメ。日本で自分が教わった
やり方を思い出しながら、パルメのキャラクターで、おおげさに、
印象的に面白く、わかり易く…とそれながらに考えながら
やっている。

今日は、練習不足丸出しだったレオ。
しつこく何回もやり直しをさせた。もちろん、何に注意をするか、
どこが間違っているか、どうすべきかを教えながら…。

レオは、音楽を楽しんでいるかもしれないが、あまりセンスは無さそう。
頭では理解出来ていても、指がついて来ない。変な癖がたくさん
ある、など、あまり恵まれていない。

でも、1年8か月教えているカタリーナも、最初は8分音符がめちゃくちゃ
だったのに、今では左手も含め、とっても安定して上手になっている
から、レオも、なんとか直せると、パルメは思っている。

今日のレッスンが終わった後、レオは、帰り支度をしながら、パルメが
今までで一番良い先生だと、教えてくれた。
思いがけない発言で、とってもとっても嬉しかった。

今日のレッスンの二人目ソフィアにとっては、パルメが一番最初のピアノの
先生。ソフィアは、頑張っているようだけど、個性的なかわいい面白い
小さな女の子。音楽的には、頑張っているけど余り報われない感じ。
でも、ゆっくり向き合って、気長に相手をしてあげようと思う。
ヘタクソだけど、とってもとっても一生懸命だから…。集中力はないけど…。

いろんな生徒がいるから、面白いんだと思う。
いろんな生徒がいるから、パルメにとっては、たくさん勉強になると思う。
もし、気軽にこの調子で、ピアノの先生という仕事を続けられるなら、
全ての些細な経験がプラスにつながるはずだから…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

ピアノのレッスン、それぞれ

先日体験レッスンをしたレオは、美男美女の息子で、
こちらも美男子。(眉毛がつながっているのを除いては…)

30分のレッスンを無事に終えて、ジャンパーを着、
こちらを振り返って、パルメの名前をいいながら、両手を広げて来た。
そして、
お別れの挨拶に、抱きついて来てくれた。

ドイツでは、挨拶に握手してくるタイプや、抱きつくタイプもいる。
もちろん言葉だけで挨拶をする人も…。
抱きつくタイプは、大概相手を見て、外国人のパルメには
様子をうかがうから、あまり抱きつく挨拶はしたことがない。
親しい友達などを別として…。

9才の男の子に、抱きつかれてちょっとびっくり、ある意味
カルチャーショックを受けるパルメ…。(悪い意味ではないが…、笑)

その後は、1年生のソフィアの体験レッスン。
よくしゃべる子で、反応してくるので、面白いが、じゃまくさい(笑)。

1小節目は、ソフィアのお部屋、2小節目はママのお部屋、
3小節目はパパのお部屋で、それぞれには、りんごが3個ずつ
入るんだよ…と説明すると、

「やったー、りんご、美味しい!」と、りんごという言葉が出るたびに
反応し、2小節目と3小節目に、ママとパパが別々の部屋をもらうと、
「でも、ママとパパは、一つの部屋で寝ているよ」とのコメント。

ま、面白いから、いいか。

つっこみ、突っ込まれて、楽しいレッスン。
ソフィアは、しゃべるだけでなく、頭の回転も速そうで、言われる前に
自分が想像して、手が出るタイプのよう。でも、右手と左手も
よく分かっていないから、かわいいものだ。

しっかり準備していたので、我ながらいい体験レッスンになったと
満足。復習もしっかりした。パルメにとっても、とっても良い勉強に
なったレッスンだった。

そして、その二日後の今日は、タティアナの体験レッスン。
こちらは、リコーダー体験者で、少しは楽譜を見た事がある子。
ソフィアと違って、大人しく、返事はするが、必要以上には、あまり
しゃべらない。
でも、我が子シクランの極端に恥ずかしがり屋とは違い、会話が
成り立つから、問題無し。相手の言葉が少ない分、理解具合を探るのに、
コツがいりそうだけれども…。
唯一の問題といえば、猫アレルギーがある、ということ。

今の所、レオも、ソフィアも、その後喜んで積極的に練習しているという。
タティアナのお母さんにも、幼稚園の送り迎えで時々出会うから、そのうち
反応が聞こえるはず。どうかな。

ここしばらく、ピアノのレッスンは、先生と生徒の相性が大切だと
思うようになったのだが、パルメサイドから見ると、全員◎。
向こうからは、どう見てもらえているかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧